自治体のお客様

自治体のお客様 Customers of municipality

財務分析と公表支援

会計(一般会計等・全体・連結)ごとの財務書類から、自治体様の財政状態と他団体比較などを含めた説明と分析をします。要約された財務書類をもとに分析結果を加え、かつ、判り易い公表用財務書類の作成を支援します。

財務書類を発生主義・複式簿記・連結会計で作成することにより、先に財政破綻した自治体のような隠れた負債を明らかにすることができます。財政破綻が住民生活に及ぼす影響の大きさはマスコミ等で非常に多く取り上げられており、住民の自治体財政への関心は大変、高くなってきています。もとより、隠れ借金などない自治体であっても、「隠れ借金はない」という説明責任を果たし続けていくことが求められています。

財務書類は作成することも大切ですが、それを住民に広くわかりやすく説明していくことが大切です。連結財務書類となると、普通会計の知識だけではなく、公営企業、地方独立行政法人、土地開発公社、地方住宅供給公社、地方道路公社、株式会社、公益法人など、さまざまな会計基準の知識が要求されます。財務書類の開示に当たって有用な財務分析支援を行います。

自治体財政の現状分析(ストック分析)

資産形成度 住民一人当たり資産額
有形固定資産の行政目的別割合
歳入額対資産比率
資産老朽化比率
資産更新準備率
世代間公平性 純資産比率
社会資本等形成の世代間負担比率
持続可能性(健全性) 住民一人当たり負債額
基礎的財政収支
債務償還可能年数
効率性 住民一人当たり行政コスト
性質別・行政目的別行政コスト
弾力性 行政コスト対税収等比率
自律性 受益者負担の割合

資産更新問題 ・・・ 最大の財政上の課題

財務分析